コーヒーメーカー まずい

コーヒーメーカーで作るコーヒーはなぜまずい??

コーヒメーカーはまずい??※朝のコーヒーを簡単に美味しく飲む方法

私は、昔から結構コーヒー好き(というか中毒。。)で、仕事がある日朝から晩までもずっと飲んでいます。
休みの日も、美味しいコーヒを求めて、昭和な喫茶店から、スタバのようなシアトル系コーヒースタンド、最近のサードウェーブ系のカフェなど、色々な場所を巡ったりもしています。
(個人的には、THEROASTERY、NOZYCOFFEE、COFFEE VALLEYとかが好きですね。)
最近は、豆から自前で調達する店や、バリスタの腕を売りにした個性的なコーヒーを提供する店が多くて楽しいですね。
(ただ、ちょっとネットとかで有名になるといつの間にか混んでしまいますが、、、)

 

ただ、美味しいコーヒを飲めば飲むほど、自分がコーヒーメーカーで作るコーヒーのまずさを感じずにはいられないんですよね。。
そもそも、コーヒーメーカーで作るコーヒーがまずいのは、なぜでしょうか??ちょっと行きつけの喫茶店のオーナーに聞いてみました。

 

オーナーによるとは、自宅とお店では大きく2つの違いがあるようです。

 

1.美味しくないコーヒ豆を鮮度が悪くなっている状態で使っている。
2.コーヒーメーカーでは、美味しく入れるために必要な、「温度調節」、「蒸らす」、「あくの調節」が難しい。

 

それぞれをもう少し詳しく説明してみたいと思います。

 

1.鮮度が悪い美味しくないコーヒ豆を使っている。

 

コーヒーは、豆次第

 

コーヒーは、やっぱり豆次第、美味しくない豆はやっぱり美味しくない。
美味しいコーヒーを飲みたかったら、美味しいコーヒー豆を選ぶ必要があるんですね。

 

美味しいコーヒーを飲みたいときは、スーパーで安売りしている豆ではなく、
それなりにきちんとしたコーヒー豆を選んだほうが良いとのことでした。

 

どの豆を買えば分からないときは、近くの喫茶店のオーナーやバリスタなどに聞いてみると良いと思います。
最近のカフェでは、お店で提供している豆を販売しているところも多いので、自分が気に入ったお店で買うのも良いと思います。

 

 

豆の鮮度には気を付ける。

 

家のコーヒーがまずい理由の一つは、コーヒーの豆の鮮度が良くないことだそうです。
豆も生ものですから、時間が経てば経つほど劣化していきます。
特に、粉にしたあとは、風味がどんどん失われます。
ですので、豆は豆のまま買って、飲むときに都度、粉にする、そして早く飲み切る事が大事です。
(その前に、コーヒーミルを買わないといけないですが、、、)

 

2.コーヒーメーカーでは、美味しく入れるために必要な、「温度調節」、「蒸らす」、「あくの調節」が難しい。

 

コーヒー豆によって最適な温度が異なる。

 

一口にコーヒー豆といっても、産地だけでもブラジルをはじめとした中南米産、ハワイ産、アフリカ産などなど、色々ありますよね。
そして、コーヒーの豆の種類ということで言えば、もっと色々あります。
オーナー曰く、豆ごとに最適な温度というものが違うのですが、多くのコーヒーメーカーではその温度を調節することが出来なと言ってました。
また、最適な温度がどこかを調べるのは結構大変だとのこと。

 

蒸らすひと手間がコーヒーの味を引き出す。

 

喫茶店のオーナーや、バリスタが入れるときハンドドリップで入れるとき一度、お湯を粉に掛けたあと、一呼吸置きます。
この「蒸らす」というのが、とても大事な作業なんだそうです。
普通のコーヒーメーカーだとこの機能が付いていなくて、豆の本来を味を出せていないんだそうです。
コーヒーメーカーで、蒸らす場合には、お湯がかかり出したら、一度電源を切って止めると「蒸らす」効果が出られます。
(機械の使い方としては、あまり良くないですが、、、)

 

あくが多すぎるとコーヒーの味が悪くなる。

 

コーヒーが抽出された後に、コーヒーメーカーだと最後のあくまでコーヒーに注がれてしまいます。
あくは、渋味・雑味の原因で、特に、コーヒーの味をスッキリと味わいたいときには邪魔です。
ただ、コーヒーメーカーだとあくを止める方法がなく、流れ込んでしまうのでこれが、特有の後味の悪さを出すことになります。

 

コーヒーメーカーで美味しいコーヒーを飲むには??

 

上で書いたことに、気を付ければ、面倒な手順ではありますがコーヒーメーカーでもお店程とは言わなくともそれなりに美味しいコーヒーが飲めるようです。

 

@美味しい豆を、飲む前に挽く。

 

Aコーヒー豆にあった温度で粉にお湯を注ぐこと。(これはコーヒーメーカーに機能がなければ無視してください。。)

 

Bコーヒーにお湯がかかり始めたら、一度電源を切って蒸らす。(30秒〜1分くらい)

 

Cコーヒーメーカーのお湯が無くなって、あくまで流れ込まないうちに、電源を止めてコーヒーを取り出す。

 

美味しいコーヒーをより早く簡単に飲む方法

 

ただ、(朝の忙しときは特に)毎回こんなに手間のかかることをやってられないですよね。
そこで、オーナーが手軽に美味しいコーヒーを飲む方法として紹介してくれたのが最近、Nescafeが沢山CMで紹介しているカプセルを置くだけのコーヒーマシンです。

 

オーナーが言うには、あれは豆の管理状態もよく、電気メーカーではなく、コーヒー豆のメーカーが作っているだけあって、本来コーヒーを美味しく飲む方法に従って設計されているので、コーヒーメーカよりも美味しいんだそうです。
その証拠として美食家でも有名な小山 薫堂さんや三つ星シェフのアランデュカスさんのような味にうるさい人達も使っているらしいです。

 

先日、友人宅で飲む機会があったのですが、お子さんが、ポンとポッドに入れるだけのとても簡単な作業で結構美味しいコーヒーが、本当にアッという間に出てきたんですよね。
友人宅でご馳走になったときにこれも有りだなと思いました、味も決して悪くなく、コーヒーメーカーよりもずっと美味しかったです。

 

カプセルで簡単に作れるコーヒーマシン

 

カプセルで簡単に作れるコーヒーマシンは最近増えてきますが、
オーナーが言うにはUCCのものか、Nescafeが出しているものが実績もあるし安定していて良いんじゃないかなとのことでした。

 

UCCドリップポッド

 

UCCのドリップポッドの特徴は、コーヒー鑑定士が選んだ毎月違うコーヒーが届けられるところですね、色々なコーヒー豆を楽しんで見たい人にはおススメだと思います。
美味しいハンドドリップと同じような味が出来る様に設定されるので美味しいコーヒーが簡単に飲むことが出来ます。
マシンも収納しやすいサイズなので邪魔にならないですね。

 

>>UCCドリップポッドの公式サイトはコチラ

 

ネスカフェ ドルチェ グスト/ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ

 

色々なコーヒーやコーヒー意外にも楽しみたい人には、ネスカフェ ドルチェ グストが良いと思います。
15種類もの専用カプセルがあるので飽きがこずに楽しめると思いますよ。

 

>>ネスカフェドルチェグストの公式サイトはコチラ